手首の痛み・腱鞘炎

手首が痛い原因は、「腱鞘炎」「手根管症候群」などいろいろありますが、中でも多いのが腱鞘炎です。

腱鞘炎は、筋肉を動かすための腱と、その腱をあるべき場所にとどめておく役割の腱鞘の間に起きる炎症のことです。輪状の腱鞘の中を腱が通っており、その二つが使い過ぎなどで擦れて炎症を起こしたものです。

腱鞘は体内の至る所にあり、どこで炎症が起きても「腱鞘炎」なのですが、症状のほとんどが手首に出るので「腱鞘炎」というと一般的に手首のことを指します。

腱鞘炎と似ているのが「手根管症候群」です。手のしびれはあるというのは同じですが、手根管症候群は親指から薬指にかけてしびれ、小指はしびれないのが特徴です。これは正中神経という親指から薬指の半分までを司る神経が圧迫を受けるためです。手根管症候群は腱ではなく神経が圧迫を受けて痛みが発生しています。

いずれも使い過ぎ、無理な力がかかる体の使い方をしているのが原因です。

対策としては安静にして炎症が治まるまで使わないようにしておくことです。

当院では

患部が炎症を起こしているので手首自体はあまり触りません。その代わりその周辺である腕、特に前腕の筋肉の緊張を緩めます。急性腰痛の場合と違って腰を中心に下肢、背中や首まで全身を緩和させるよう緩めていきます。

また、安静にしていることが大事なのですが、そうすると血行が悪くなったりするので、動かせる範囲で動かします。手首を動かす方向によって悪化させる場合もあるので、方向に注意しながら動かしていきます。

お気軽にご相談ください

ご相談・ご予約は、049-277-5192

大蔵カイロプラクティック川越伊勢原整体院

所在地 川越市伊勢原町2丁目4番5号

受付時間(平日) 100021:00

受付時間(土日祝)100016:00

定休日 火曜日


駐車場2台完備、お子様連れ歓迎

シニア割・学生割