メンテナンスをお勧めする理由

大蔵カイロプラクティック川越伊勢原整体院はメンテナンスにより長期的な健康維持を実現しています。

なぜ日本人はメンテナンスをしないのか?

以前、外国人の方から聞いた興味深いお話しです。

なぜ日本人は生命保険に多額の費用をつぎ込むのに、それを必要としなくて済む策をとらないのか?

外国人の疑問 なぜメンテナンスしないのか

日本人は病気や怪我をしてから多額の費用をかけてその解決に乗り出す。

その為に事前に高額な生命保険に加入して準備を怠らない。

そこまでするくらいなら、病気や怪我をしないようにすれば最終的には安く済むのに、なぜそれをしないのか?

という外国人から見た素朴な疑問のお話です。

 

その外国人の方の言う病気や怪我をしないようにする策とは、日頃の運動、食事、睡眠や休息、そして身体のメンテナンスです。

どれも体調管理には欠かせませんが、日本では特にメンテナンスをしない、その概念すら無い人が多い。

健康でいられたはずの時間を苦しむ時間に変えて何かいい事があったのか?

機械や乗り物のメンテナンスは一流なのに、とおっしゃっていました。

 

確かに海外ではカイロプラクティックは予防医療として普及し、保険適用(任意の保険)までされている国もあります。

ここ最近になって日本でも予防策が重要視されるようになってきましたが、まだまだ他の先進国に追いついていません。

外国人が不思議に思うのも無理はありません。おっしゃるとおりです。

 

メンテナンスというと、日本ではアスリートなど一部の人達のものという印象がありますが、実は全ての人に必要なことなのです。

大蔵カイロ川越伊勢原整体院の施術複合写真18

メンテナンスとは「整備」という意味で、自動車や機械は放っておくと不具合を起こすため、「整備」をして良好な状態にします。

それと同じく、人間も放っておくと不具合を起こすため、人間にも「整備」が必要です。

日本人は自分自身のメンテナンスを欠いている人が多いと思います。

 

メンテナンスが必要な理由

理由その1 恒常性という人体の特性

「短期集中を提案する理由」ページでもお伝えしましたが、人体の特性として普段の状態に戻そうとする「恒常性」という働きがあります。

普段の状態がその人の「基準」であり、何かしらの変化があっても、自然にその「基準」に戻そうとする。

良好な体調の人は良好な状態に、不調な人は不調な状態にと戻っていくという特性です。

メンテナンス1

メンテナンスで訪れる方々は基本的に良好な状態です。

もし不調に陥っても「基準」が良好なので「恒常性」のおかげですぐに回復できる利点があります。

「基準」が不調な人が「恒常性」の為になかなか不調から脱却できないのとは対照的です。

このように「恒常性」は利点にも害悪にも成り得るものです。

一旦良い状態になり、そのまま維持していればよいのですが、多くの人は新たな負担や疲労により維持するのが難しいようです。

 

理由その2 生活習慣はなかなか変えられない

辛い症状を引き起こす原因のひとつが生活習慣ですが、その生活習慣をなかなか変えられないという実情も多くあります。

仕事や育児、介護などで、その時の姿勢や動作などのやり方を変えてしまうことが出来る場合は問題ありません。

例えば座り方や立ち方を変える、抱きかかえ方を変える、新たな機材を導入するなどがこれにあたります。

しかし、多くのものは変えることができないのが実情です。

メンテナンス2

例えばパソコン仕事の人に多い症状は肩コリや腰痛、頭痛、眼精疲労ですが、施術を受けて良くなったとしても転職や部署移動をしない限り、パソコン仕事は継続して行われています。

介護や育児にしても、抱きかかえる、しゃがむなどの動作を別の動作に置き換えることは難しいです。

当然のことながら以前と同じような事態になっていきます。

当院でも姿勢の改善や仕事の合間に身体を動かす対処法をお伝えしていますが、全てを実践することは容易ではないようです。

メンテナンス3

だからといって何もしなければ以前と同じ過程をたどり、再発につながります。

 

理由その3 新たな負担・疲労

痛みが治まり良い状態になったとしても、その後の生活は変わりません。

仕事、家事、育児、スポーツなど新たな負担がかかり、疲労は蓄積していきます。

☆  ☆  ☆  ☆  ☆

このように、一旦良くなっても、人体の特性や環境などの要因により、いい状態を維持することは簡単ではありません。何か手を打たなくてはなりません。

 

当院での施術

そこで未然に不調の原因となる要素の対策をし、良好な状態を維持するのがメンテナンスです。

筋肉の緩和

大元のコリが再発しないよう対処し、新たな疲労により出来たコリを緩和します。

関節の可動域の回復・維持

せっかく取り戻した動きの良さを失わないよう、可動域を回復・維持させます。

セルフケアの復習・修正

姿勢は注意していても自然に崩れてきます。

セルフケアのやり方もだんだん自己流になって、本来の効果が出せなくなっている場合があります。

せっかく頑張って続けているのに効果が出なくては意味がありません。

そこで、姿勢の崩れがないか? やり方が変わっていないか? をチェックして修正します。

自分では気付かないところを確認できるのがメンテナンスの長所です。

メンテナンスの施術1

メンテナンスでは施術だけでなく、姿勢や身体の使い方を再確認して再発を防止します。

 

メンテナンスのメリット

酷くなる前にケアできるので回復が早い

大きな傷口より小さな傷口の方が治りやすい。

大きな虫歯より小さな虫歯の方が早く治療が終わる。

当たり前のことですが、それは肩コリや腰痛にも当てはまります。

大きなコリより小さなコリの方が早く改善する。

日頃のメンテナンスでコリが小さいうちに対処することで症状の悪化を防ぎます。

 

ケガをしにくいコンディションに

メンテナンス4

アキレス腱断裂、肉離れ、捻挫など大きなケガは、関節や筋肉の限界を超えてしまったからです。

関節や筋肉の限界が高ければケガをしなかったかもしれません。

関節の可動域が広くなり、筋肉がしなやかに伸びれば、ケガはしにくくなります。

 

病気になりにくい・見つけやすい

血液やリンパ液の循環が促進されると自然治癒力が上がります。

免疫力も上がり、病気をしにくい身体になります。

 

これとは対照に、いつもあちこちが痛いと言っている人は、自分自身でも痛みの場所が把握できません。

不調があり過ぎると病気の発見が遅れる

脳や内臓などで病気が発生しても、コリなどから発生する痛みに埋もれて区別がつかず、気付き・発見が遅れます。

しかし、メンテナンスでコリなどから発生する痛みなどが抑えられていれば、脳や内臓などの本来の病気からくる痛みに気付き、早期発見の可能性が高まります。

メンテナンス5

 

薬の摂取量が減る

頭痛薬や痛み止めなど、薬が手放せないという声をよく耳にします。

それと同時に薬を飲み続ける、更には量や回数が増えていくことが怖いという声も・・・。

お悩みの頭痛や肩や腰の痛みが軽くなったらどうでしょう?

その不安を解消できると思いませんか?

実際に通われている方から「薬の摂取量が減った」「バッグの中に常備薬を入れなくて済むようになった」と喜ばれています。

メンテナンス6

 

身体を見直すきっかけに

健康診断の3日前から急に禁酒したり甘い物を控えたりした記憶はありませんか?

少しでも良い結果を出したい心理が働いた行動です。

これは健康診断が身体を見直すきっかけになったからです。

定期的なメンテナンスにも同じ効果があり、通われている方からのお話をまとめると、メンテナンスの日が近づくと姿勢を正したり体操をする機会が増える傾向にあるようです。

身体を見直すきっかけは、健康を害した時だけでなく、こういった機会にもあります。

 

疲れにくく、ここぞという時に力を発揮できます

体調が整っている人は疲労の回復が早く、疲れにくいです。

疲れきっている人は、それ以上無理がききません。

体調が整っていることで、疲れにくく、ここぞという時に力を発揮できます。

メンテナンス7

 

気持ちに余裕ができる

頭が痛い時に騒がれると怒りがこみ上げてきます。

こんな時、つい怒鳴ったりしてしまった事はありませんか?

もし、頭が痛くなければ気にもならなかったはずです。

不調になると、イラ立ちや怒り、反対に不安や焦りを感じやすくなるものです。

気持ちに余裕がなくなっているのです。

心と身体は密接につながっています。

身体をリフレッシュさせることで、心もリフレッシュしましょう。

☆  ☆  ☆  ☆  ☆

その他、再発が怖くない、仕事や家事がはかどる、アンチエイジング(老化対策)など様々な利点があります。

 

通われている方の声

痛みが治まった後もメンテナンスとして継続して来院される方は多くいらっしゃいます。

メンテナンスで通われている方々からは

  • いつもまた再発するんじゃないかと怯えていましたが、今は気になりません
  • 若い時より体調がいいんです
  • そういえばここ23年ギックリ腰をやっていない
  • 身体だけでなく、気持ちまで楽になってきました

とうれしいお声を多数いただいています。

実際に受けている方の感想をご覧ください。

声20190829MW用紙

メンテナンスを受けていてよかった点は?

原因の解らない腰痛でしたが、メンテナンスを受けて今では完治とは行きませんが、激痛はなくなりました。

症状は再発していませんか? また、再発の可能性は?

無理をすると腰痛のいやな症状が出ますが激痛はなくなりました。

又、再発の不安は常に有りますが、定期的にメンテナンスを受ける事が必要と考えています。

体調管理や健康への取り組み、考え方で以前と変わった点は?

先生のすすめで毎日約1時間の散歩をする様になりました。

又、元々姿勢が悪く家族にも注意されていましたが、先生の指導で胸骨を開き肩甲骨の運動が姿勢を良くするとの事で毎日取り組んでいます。

以前と比較して身体の調子はいかがですか?

先生の指導で適度な運動(軽いランニング、散歩)により最近調子は良好。

月3回の好きなゴルフも出来る様になりました。

 

※個人の感想であり、効果・感じ方には個人差があります。

★当院から★

当初から熱心に改善に努められていらっしゃいました。

メンテナンスの施術中にどの部分が凝りやすいのかを把握し、体調管理に役立てているようです。

セルフケアでは毎日の散歩や姿勢改善の運動を積極的に取り入れ、一歩も歩けなくなる深刻な症状を自ら克服されました。

メンテナンスとセルフケアの継続により改善した好例です。

 

メンテナンスで長期的な安心!

辛い症状に対処するのとは対照に、辛くならないようにするのがメンテナンスです。

「なってしまったら・・・」という受け身ではなく、積極的に不安要因をなくしていきます

積極的といっても難しいことはありません。

  • 虫歯予防で歯を磨く
  • 健康のためにスポーツジムに通う
  • ケガをしないように準備運動をする

といったことは誰にとっても難しいことではありません。

スポーツジムに通うつもりでメンテナンスに

歯を磨く、スポーツジムに通う、のと同じ感覚で通っていただきたいと思っています。

「また戻りたくない」「せっかくよくなったのだからこのままキープしたい」そう思うのは当然です。

当院では定期的なメンテナンスでその後もサポート。良好な状態を維持し続けます。